コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作用球 さようきゅうsphere of action

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作用球
さようきゅう
sphere of action

分子間の力を考えるとき,1つの分子が及ぼす分子間力の到達距離を半径とし,その分子を中心とする球を想定して作用球と呼ぶ。作用球は分子の作用が及ぶ範囲を近似的に表わす量として,物質の分子運動論などで用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android