コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子間力 ぶんしかんりょくintermolecular force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子間力
ぶんしかんりょく
intermolecular force

電気的に中性な分子の間に働くで,引力斥力がある。通常,原子も分子の1種と考える。引力は遠距離まで働くが,斥力は近距離のみで有効である。引力には,双極子モーメントをもった化合物間に生じる静電引力,双極子モーメントをもった化合物が他の化合物を分極して生じる誘起効果による力,双極子モーメントをもたない分子間に働くファン・デル・ワールス力,電子供与体と電子受容体との両分子間の電荷移動力などがある。分子間力の近似的表現としてよく使用されるものは,分子間距離を r とすると,分子間力のポテンシャル U(r)=-A/rmB/rn である。これをレナード・ジョーンズのポテンシャルという。前項は引力,後項は斥力を表わし,m=6,n=12 がよく使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんしかん‐りょく【分子間力】

分子と分子との間に働く力。遠距離では引力、近距離では反発力となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分子間力【ぶんしかんりょく】

分子間に働く相互作用の総称で,比較的遠距離まで働く引力と,ごく近距離でおもに働く斥力とからなる。前者は,現実の気体理想気体の状態方程式に従わない事実からファン・デル・ワールスが見出したもので,ファン・デル・ワールス力と呼ばれる。
→関連項目会合(化学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしかんりょく【分子間力 intermolecular force】

分子の間に働く力。通常の気体を冷やしていくと凝縮して液体になり,さらに固体になるのは,分子間に働く力による。また現実の気体が理想気体の状態方程式からずれを示すこと,気体の流れに粘度があること,気体を急に膨張させると温度が下がること(ジュール=トムソン効果)などから,気体分子の間に力が作用していることはわかっていた。例えば気体の状態方程式に関しては,古くから種々の補正式が提出されている。代表的な補正式はファン・デル・ワールスの状態方程式 (Pa/V2)(Vb)=RTここでVは1molの気体の容積,Pはその圧力,Tは絶対温度,Rは気体定数,a,bは気体の種類による定数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんしかんりょく【分子間力】

分子と分子の間に働く力。きわめて近い距離では強い反発力となり、これから遠ざかると弱い引力となる。狭義には、分子間の引力をさす。ファンデルワールス力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子間力
ぶんしかんりょく
intermolecular force

分子と分子との間に働く力をいう。一般に分子は、きわめて近づいたときは反発する力を及ぼし合うが、すこし離れていると、互いに引力を及ぼし合い、この両者が重なり合っている。このうちの反発力は、交換反発力とクーロン反発力によって生ずるもので、主として近距離で強く働くので近距離力ともいう。引力はファン・デル・ワールス力(主として分散力)によってかなり遠くまで強く働くので、遠距離力ともいう。距離rにある分子間力のポテンシャルは、

のような式で表される。実測値ではm=6,n=8~12である。μ(ミュー)とν(ニュー)とは、それぞれの物質によって決まる定数である。この式の第1項は引力、第2項が反発力を表している。距離が近くなれば(rが小さくなれば)第2項が強くきいてくるし、遠くになると(rが大きくなれば)第1項のほうが強くきいてくることになる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分子間力の言及

【接着】より


[接着の機構]
 物質自身の凝集力と接着界面の接着力は,それらの物質を構成する分子あるいは原子(単原子分子の場合)あるいはイオン間に働く力に由来する。これらの力は一般に分子間力intermolecular forceと呼ばれる。分子間にこの力が有効に働き合う距離は0.5nmから1nm程度であるので,接着を実現するためには接着界面で相互の表面がこの距離に近づく必要がある。…

【固体】より

…金属ではこの動きやすい電子(自由電子と呼ぶ)のために,電気や熱がよく伝わり,光に対して金属光沢を示す。 このほか,結晶をつくる結合には,分子間力による結合と水素結合がある。原子どうしの共有結合によって生じた分子や,ヘリウム,ネオン,アルゴンなどの不活性ガス原子では,電子配置が閉殻構造をもっているために,上に述べたような結合力は働かない。…

【接着】より


[接着の機構]
 物質自身の凝集力と接着界面の接着力は,それらの物質を構成する分子あるいは原子(単原子分子の場合)あるいはイオン間に働く力に由来する。これらの力は一般に分子間力intermolecular forceと呼ばれる。分子間にこの力が有効に働き合う距離は0.5nmから1nm程度であるので,接着を実現するためには接着界面で相互の表面がこの距離に近づく必要がある。…

※「分子間力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分子間力の関連キーワードジョン・エドワード レナード・ジョーンズファン・デル・ワールスの状態方程式レナード・ジョーンズファンデルワールス力レナード・ジョーンズファンデルワールスフィッツジェラルドポリウレタン繊維双極子相互作用ポリロタキサンラセミ化合物グッタペルカ会合(化学)耐熱性高分子化学物理学分子動力学分子化合物分子間引力理想溶液水素結合