コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

併用薬の副作用チェックの制度化 へいようやくのふくさようチェックのせいどか

1件 の用語解説(併用薬の副作用チェックの制度化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

併用薬の副作用チェックの制度化
へいようやくのふくさようチェックのせいどか

新薬開発の段階では,単剤での投与で薬効や安全性の検定が行われるため,承認後,ほかの薬剤との併用によって生じる副作用についてのチェックは十分なものとはいえなかった。これまでにも,臨床段階で自発的に薬効評価ガイドラインを広げたり,市販後併用の予想される薬物との薬理学的な試験などは行われてはいるが,それでも症例数,病態,投与期間,年令,併用薬などは限定的であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

併用薬の副作用チェックの制度化の関連キーワードプロトタイプチャネルの段階製品開発段階成長段階現段階投与前臨床試験コンセプト・イン林フェイズ新薬開発