コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

併称/並称 ヘイショウ

デジタル大辞泉の解説

へい‐しょう【併称/並称】

[名](スル)他のものと一緒にして呼ぶこと。また、あるすぐれたものに並ぶものとしていうこと。「カントと―される大哲学者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

併称/並称の関連キーワードオックスブリッジ生物化学兵器延暦儀式帳真言陀羅尼両界曼荼羅満ち干の珠タブラバヤ六韜三略五家七宗官国幣社偏旁冠脚白井喬二大覚世尊町村役場薬弥大観東西遊記居住地府県社桜田門流動体

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android