価格先導制(読み)かかくせんどうせい(英語表記)price leadership

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「価格先導制」の解説

価格先導制
かかくせんどうせい
price leadership

ある寡占化した市場で,そのリーダー格の大企業が価格をまず決定し,その他の企業がみなこれに従って同一の価格を決定すること。たとえば新聞やビールの価格について,まず1社が一定の値上げを行い,ほかの企業も時間差をおいて順次同額の値上げを行うといった具合である。価格カルテルは独占禁止法などで禁止されているが,実質上それと同じ効果をもたらす。ただし価格先導制では,先導するリーダーと追随するフォロワーの間にある一定の価格で販売するという意思疎通があるわけではなく,この点でカルテルと区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android