疎通(読み)そつう(英語表記)facilitation

翻訳|facilitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疎通
そつう
facilitation

促通ともいう。神経の刺激伝達において,複数の刺激が同時に与えられたとき,単独のときに引起す興奮の和以上の大きな興奮を生じること。これは,あるシナプス部分の電位変動 (脱分極) が,単独刺激では閾値以下 (たとえば閾値の 60%) であるのに,2個の刺激が合わさると 120%の変動を生じるというような事情に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐つう【疎通/×疏通】

[名](スル)ふさがっているものがとどこおりなく通じること。また、筋道がよく通ること。「意思の―を欠く」「意思が―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネージメントの方法論の1つ。目標管理とも呼ばれている。目標によって管理する対象は事業や仕事の内容、あるいは部下の活動であって、目標を管理することとは意を異にする。事業や部署の内容に応じた最適な目標を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疎通の関連情報