コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

便船 ビンセン

デジタル大辞泉の解説

びん‐せん【便船】

[名](スル)都合よく出る船。また、それに乗ること。
「明日は早や浪華(なにわ)へ下りて―し肥前へ帰らねばならぬ」〈露伴・椀久物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びんせん【便船】

ちょうど都合よく出る船。また、その船に乗ること。 「 -を得る」 「これなる船に-申さうなう/謡曲・竹生島」 「フヲツグは若し-のなき時は別段に汽船を雇ひて行かんと心を定め/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android