コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

便船 ビンセン

デジタル大辞泉の解説

びん‐せん【便船】

[名](スル)都合よく出る船。また、それに乗ること。
「明日は早や浪華(なにわ)へ下りて―し肥前へ帰らねばならぬ」〈露伴・椀久物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びんせん【便船】

ちょうど都合よく出る船。また、その船に乗ること。 「 -を得る」 「これなる船に-申さうなう/謡曲・竹生島」 「フヲツグは若し-のなき時は別段に汽船を雇ひて行かんと心を定め/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

便船の関連キーワード勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢ベンダー(Hans Bender)ジェネラル・マリティーム[会社]パルルマン・ベルジュ号事件ハパーク・ロイド[会社]アレクサンドルーポリストレント号事件平島(長崎県)博多小女郎浪枕竹生島(能)平(富山県)新傾向俳句グレイブス高瀬梅盛犬島諸島ハリッジ飛脚船佐合島白石島高山城

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android