コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俄踊(り) ニワカオドリ

デジタル大辞泉の解説

にわか‐おどり〔にはかをどり〕【×俄踊(り)】

その場で即興的に演じるこっけいな踊り。
俄狂言の中でおどる踊り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の俄踊(り)の言及

【俄】より

…江戸時代の天和(1681‐84)のころ,京都島原遊廓の楼客の間で頓智を競う遊びが起こり(《好色一代男》),同じ島原の住吉祭には風流(ふりゆう)から発した即興の仮装が出て,町人たちが盛んに即興狂言を演じた。この素人の〈流し俄〉は江戸の吉原でも享保(1716‐36)のころ九郎助稲荷の祭礼に行われ,明和(1764‐72)のころには俄踊が行われている。安永・天明(1772‐89)ごろは〈流し俄〉だけでなく,浄瑠璃や歌舞伎の趣向を作り替えての〈座敷俄〉も盛んだった。…

※「俄踊(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

俄踊(り)の関連キーワード

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android