俄狂言(読み)ニワカキョウゲン

デジタル大辞泉の解説

にわか‐きょうげん〔にはかキヤウゲン〕【×俄狂言】

素人が、宴席街頭即興に演じたこっけいな寸劇。江戸中期から明治にかけて流行。座敷で行う座敷、屋外で行う流し俄などがあり、大阪俄博多俄などが有名。のちに職業として、寄席で、道具・鳴り物入りで行うようになった。にわか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android