俗聖(読み)ゾクヒジリ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐ひじり【俗聖】

剃髪せず俗体のまま、戒を守り仏道を修行する人。有髪の僧。優婆塞(うばそく)。
「いまだかたちは変へ給はずや。―とか、この若き人々のつけたなる」〈橋姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくひじり【俗聖】

出家しないで俗人の姿のまま戒を保ち、仏道修行に励む人。有髪うはつの僧。 「 -とか、この若き人々の、つけたなる/源氏 橋姫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android