コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗聖 ゾクヒジリ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐ひじり【俗聖】

剃髪せず俗体のまま、戒を守り仏道を修行する人。有髪の僧。優婆塞(うばそく)。
「いまだかたちは変へ給はずや。―とか、この若き人々のつけたなる」〈橋姫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくひじり【俗聖】

出家しないで俗人の姿のまま戒を保ち、仏道修行に励む人。有髪うはつの僧。 「 -とか、この若き人々の、つけたなる/源氏 橋姫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

俗聖の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物オックスフォード大学源氏物語獅子舞三昧聖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android