コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保安技術職員 ほあんぎじゅつしょくいんsafety engineer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保安技術職員
ほあんぎじゅつしょくいん
safety engineer

事業場における作業の安全を確保するための職務を遂行する職員の総称。鉱山における保安技術職員は,鉱山保安法の規定に基づき鉱業権者によって選任される。職種としては保安技術管理者,保安監督員のほか,坑内坑外,鉱害防止,機械,電気,汽缶,火薬,溶接などの各保安係員がある。このうち保安技術管理者は,保安に関する計画の作成,実施,保安施設の変更または運営,災害時の原因調査などにあたる。管理者,監督員,各係員は所定の資格をそなえ,それぞれの国家試験合格者でなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保安技術職員の関連キーワード保安要員鉱山保安

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android