保田春彦(読み)やすだ はるひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保田春彦 やすだ-はるひこ

1930- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和5年2月21日生まれ。保田竜門の長男。昭和33年渡欧。45年神戸須磨離宮公園現代彫刻展で大賞。46年サンパウロ-ビエンナーレで受賞。50年武蔵野美大教授。54年ヘンリー・ムーア大賞展で優秀賞。平成7年中原悌二郎賞。ステンレスや鉄などをもちいた幾何学的な抽象作品を制作。和歌山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「黒い壁の廟」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保田春彦の関連情報