保科俊太郎(読み)ほしな しゅんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科俊太郎 ほしな-しゅんたろう

?-1883 幕末-明治時代の武士,軍人。
幕臣。横浜仏語伝習所でまなぶ。幕府派遣留学生となり,慶応3年パリ万国博に派遣された徳川昭武一行に通訳として随行する。維新後は新政府の陸軍兵学寮権頭(ごんのかみ),陸軍省人員局長などをつとめた。陸軍大佐。明治16年6月29日死去。江戸出身。名は正敬(まさたか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android