コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信勝尼 しんしょうに

2件 の用語解説(信勝尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信勝尼 しんしょうに

?-? 奈良時代の尼僧。
大和(奈良県)坂田寺の住持。天平(てんぴょう)9年(737)に朝廷に経典を進納した記事があり,また東大寺大仏殿には,善光尼とともに寄進したという左右2体の菩薩(ぼさつ)像がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

信勝尼

生年:生没年不詳
8世紀の坂田寺(奈良県明日香村)の尼。正倉院文書では,天平9(737)年10月と19年8月の経典貸借文書に名がみえる。14年頃の「優婆夷貢進解」(修行者たちが国家の得度を求めるときに申請する文書)では,官度候補者の師として「師主坂田寺尼信勝」と署名している。また正倉院に伝わる大仏開眼会の献物牌にも善光尼と共に名がみえる。『東大寺要録』巻7によれば,東大寺大仏の左右2体の脇侍のうち,東の観音菩薩像は天平勝宝1(749)年4月8日に彼女が造立したものだという(西の虚空蔵菩薩像は善光尼の造立)。同4年8月までには死去していたらしく,このとき,善光尼師の宣によって故信勝尼師のため法華経の写経が行われた。古代を代表する官尼のひとり

(吉田一彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信勝尼の関連キーワード飛鳥雷丘(いかづちのおか)古都坂田寺豊浦宮飛鳥京跡明日香保存法真神原岩屋山古墳新漢済文

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone