コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信勝尼 しんしょうに

朝日日本歴史人物事典の解説

信勝尼

生年:生没年不詳
8世紀の坂田寺(奈良県明日香村)の尼。正倉院文書では,天平9(737)年10月と19年8月の経典貸借文書に名がみえる。14年頃の「優婆夷貢進解」(修行者たちが国家の得度を求めるときに申請する文書)では,官度候補者の師として「師主坂田寺尼信勝」と署名している。また正倉院に伝わる大仏開眼会の献物牌にも善光尼と共に名がみえる。『東大寺要録』巻7によれば,東大寺大仏の左右2体の脇侍のうち,東の観音菩薩像は天平勝宝1(749)年4月8日に彼女が造立したものだという(西の虚空蔵菩薩像は善光尼の造立)。同4年8月までには死去していたらしく,このとき,善光尼師の宣によって故信勝尼師のため法華経の写経が行われた。古代を代表する官尼のひとり。

(吉田一彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

信勝尼の関連キーワード奈良時代尼僧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android