コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信松尼 しんしょうに

朝日日本歴史人物事典の解説

信松尼

没年:元和2.4.16(1616.5.31)
生年:永禄4(1561)
安土桃山・江戸初期,武田信玄の娘。甲斐国(山梨県)躑躅ケ崎の館に生まれる。名は松。織田信長の嫡子信忠と婚約するが,破談後は髪をおろして独身で過ごした。織田軍に攻められて高遠城より逃れ武蔵国八王子に住み,旧武田家臣の家族の生計を助けるため養蚕を盛んにし,この地の機織業の基礎を築いたといわれる。墓が八王子信松院にある。<参考文献>北島藤次郎『信松尼公記』

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

信松尼の関連キーワードモーラ本多正信坂崎直盛ヌルハチ(奴児哈赤)ベレンガリレイ後金コーク(Sir Edward Coke)三条藩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android