信用膨張(読み)シンヨウボウチョウ

デジタル大辞泉の解説

しんよう‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【信用膨張】

中央銀行による資金供給や、それに伴う低金利などが原因で、市中に多くの貨幣が流通すること。証券化など、さまざまな金融手法による信用供与一因となる。多くの貨幣が流通すると、人々の購買力が増すため、物や金融商品の価格が過度に上昇し、バブル経済の発生につながる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信用膨張の関連情報