修景(読み)しゅうけい

精選版 日本国語大辞典「修景」の解説

しゅう‐けい シウ‥【修景】

〘名〙
① 大きな景色。〔潘岳‐在懐県作詩〕
② 陰暦四月の異称。しゅけい。〔延宝八年合類節用集(1680)一〕
③ 都市計画・道路計画などで、自然の美しさを損なわないように風景を整備すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「修景」の解説

しゅう‐けい〔シウ‐〕【修景】

雄大な景色。
都市計画・道路計画などで、自然の美しさを損なわないように風景を整備すること。「修景保存」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android