コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修祓 シュウバツ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ばつ〔シウ‐〕【修×祓】

しゅばつ(修祓)

しゅう‐ふつ〔シウ‐〕【修×祓】

[名](スル)しゅばつ(修祓)

しゅ‐ばつ【修×祓】

神道で、(はら)えを行うこと。しゅうばつ。しゅうふつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうばつ【修祓】

しゅばつ(修祓) 」に同じ。

しゅうふつ【修祓】

しゅばつ(修祓) 」に同じ。

しゅばつ【修祓】

神道の祭事に先立って、神職が行う清めの儀礼。しゅうふつ。しゅうばつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

修祓の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟年中行事(ねんじゅうぎょうじ)斎宮(伊勢神宮)神前結婚式三番祭式婚礼

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修祓の関連情報