コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建内記 けんないき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建内記
けんないき

室町時代前期,万里小路 (藤原) 時房 (1394~1457) の日記。現在,応永 21 (1414) 年から康正1 (55) 年までが知られ,自筆原本も 60巻が現存。記事は筆者のきちょうめんな性格を反映して,公私にわたり細大漏さず書きとめられ,朝幕関係にも及んでいる。また没落しつつある荘園領主の一人として,家政に心を砕いているさまを克明に記すなど,社会経済史上でも貴重な史料である。『建内記』というのは,建聖院内府記という意味である。『大日本古記録所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんないき【建内記】

室町中期の公卿、万里小路時房(までのこうじときふさ)(1394~1457)の日記。応永21~康正元年(1414~55)の部分が現存。欠落も多いが、土一揆など当時の社会の状況を知る重要史料。建聖院内府記。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

建内記【けんないき】

室町時代の公家である万里小路時房(までのこうじときふさ)の日記。〈けんだいき〉とも読む。万里小路家藤原氏北家(ほっけ)から出た勧修寺(かじゅうじ)家の一流で,時房は勧修寺流藤原氏一門の氏長者(うじのちょうじゃ)となり,法号を〈建聖院内府(けんしょういんないふ)〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんないき【建内記】

〈けんだいき〉とも読む。室町時代の貴族の日記。記主は,勧修寺流藤原氏出の建聖院内府万里小路(までのこうじ)時房(1394‐1457)。1414年(応永21)‐1455年(康正1)が断続して現存するが,とくに永享(1429‐41)末年から嘉吉・文安年間(1441‐49)の部分は,集中的に原本が残っている。原本は,記主あての手紙などの紙背を利用して書かれたものが多く,日記の理解を助ける場合が多い。時房は,中山定親(《薩戒記》の記主)らとたびたび朝廷の重事の諮問にあずかったほか,南都伝奏や勧修寺氏長者などを経歴し,また幕府とも関係が深かったため,日記は政治・社会についての貴重な記事に富んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんないき【建内記】

日記。万里小路までのこうじ時房(1394~1457)筆。当時の公家社会や社会事象に関する記述が多いが、自家領荘園の経営についても詳しい。現存は17年分。「建聖院内府記」と後人が呼び、その略称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建内記
けんないき

「けんだいき」とも読み、『時房公記(ときふさこうき)』『建聖院(けんしょういん)内府記』ともいう。内大臣万里小路(までのこうじ)時房(1394―1457)の日記。建聖院は時房の法号。現存の部分は、1414年(応永21)から55年(康正1)まで。中間の散逸した年月も多い。時房は公武の信任厚く、南都伝奏(なんとてんそう)も務めたため、貴重な記事が多い。また嘉吉(かきつ)の乱や続いて起こった土一揆(つちいっき)、さらに一揆の要求をいれた徳政令発布に至るまでの記事は有名。自筆本は宮内庁書陵部や京都大学図書館ほかに多く遺(のこ)されている。『大日本古記録』所収。[益田 宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

建内記の関連キーワード土一揆(つちいっき)指出(差出)吉良義尚畠山満家一色教親嘉吉の乱益田帯座

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建内記の関連情報