コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建内記 けんないき

6件 の用語解説(建内記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建内記
けんないき

室町時代前期,万里小路 (藤原) 時房 (1394~1457) の日記。現在,応永 21 (1414) 年から康正1 (55) 年までが知られ,自筆の原本も 60巻が現存。記事は筆者のきちょうめんな性格を反映して,公私にわたり細大漏さず書きとめられ,朝幕関係にも及んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんないき【建内記】

室町中期の公卿、万里小路時房(までのこうじときふさ)(1394~1457)の日記。応永21~康正元年(1414~55)の部分が現存。欠落も多いが、土一揆など当時の社会の状況を知る重要史料。建聖院内府記。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建内記【けんないき】

室町時代の公家である万里小路時房(までのこうじときふさ)の日記。〈けんだいき〉とも読む。万里小路家藤原氏北家(ほっけ)から出た勧修寺(かじゅうじ)家の一流で,時房は勧修寺流藤原氏一門の氏長者(うじのちょうじゃ)となり,法号を〈建聖院内府(けんしょういんないふ)〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんないき【建内記】

〈けんだいき〉とも読む。室町時代の貴族の日記。記主は,勧修寺流藤原氏出の建聖院内府万里小路(までのこうじ)時房(1394‐1457)。1414年(応永21)‐1455年(康正1)が断続して現存するが,とくに永享(1429‐41)末年から嘉吉・文安年間(1441‐49)の部分は,集中的に原本が残っている。原本は,記主あての手紙などの紙背を利用して書かれたものが多く,日記の理解を助ける場合が多い。時房は,中山定親(《薩戒記》の記主)らとたびたび朝廷の重事の諮問にあずかったほか,南都伝奏や勧修寺氏長者などを経歴し,また幕府とも関係が深かったため,日記は政治・社会についての貴重な記事に富んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんないき【建内記】

日記。万里小路までのこうじ時房(1394~1457)筆。当時の公家社会や社会事象に関する記述が多いが、自家領荘園の経営についても詳しい。現存は17年分。「建聖院内府記」と後人が呼び、その略称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建内記
けんないき

「けんだいき」とも読み、『時房公記(ときふさこうき)』『建聖院(けんしょういん)内府記』ともいう。内大臣万里小路(までのこうじ)時房(1394―1457)の日記。建聖院は時房の法号。現存の部分は、1414年(応永21)から55年(康正1)まで。中間の散逸した年月も多い。時房は公武の信任厚く、南都伝奏(なんとてんそう)も務めたため、貴重な記事が多い。また嘉吉(かきつ)の乱や続いて起こった土一揆(つちいっき)、さらに一揆の要求をいれた徳政令発布に至るまでの記事は有名。自筆本は宮内庁書陵部や京都大学図書館ほかに多く遺(のこ)されている。『大日本古記録』所収。[益田 宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建内記の関連キーワード足利時代見台特権階級和玉篇御母様陣代権門勢家意雲桂久室町時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建内記の関連情報