修羅を燃やす(読み)しゅらをもやす

精選版 日本国語大辞典「修羅を燃やす」の解説

しゅら【修羅】 を 燃(も)やす

(修羅は猜疑(さいぎ)嫉妬の念が盛んで、執着心が強いところから) ねたみや疑いの心をわきたたせる。また、怒りの念を盛んに燃えたたせる。
狂歌・後撰夷曲集(1672)一〇「持太刀のつかも間もなきたたかひに火花ちらして修羅もやすらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「修羅を燃やす」の解説

修羅しゅらや・す

阿修羅は嫉妬・執着の心が強いところから》激しく嫉妬する。激しく恨み怒る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android