修羅を燃やす(読み)シュラヲモヤス

  • しゅら
  • を 燃(も)やす
  • 修羅
  • 修羅(しゅら)を燃や・す

精選版 日本国語大辞典の解説

(修羅は猜疑(さいぎ)・嫉妬の念が盛んで、執着心が強いところから) ねたみや疑いの心をわきたたせる。また、怒りの念を盛んに燃えたたせる。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)一〇「持太刀のつかも間もなきたたかひに火花ちらして修羅もやすらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android