コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱留尊山 くろそやま

1件 の用語解説(俱留尊山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くろそやま【俱留尊山】

〈くるそやま〉ともいう。三重県一志郡美杉村と奈良県宇陀郡室生村の境にある山。第三紀の室生火山群の主峰で,標高1038m。室生火山岩は流紋岩質の溶結凝灰岩を主とし,厚さ400m以上,東西28km,南北15kmにひろがる。山頂からの眺望がよく,山頂付近の東斜面の急崖には俱留尊石仏がある。中腹の池の平と呼ぶくぼ地は,第2次大戦後の開拓地で畑地となり,キャンプ場もある。山の西側を流れる青蓮寺川は溶結凝灰岩を深く浸食し,柱状節理の露頭が見事な香落渓(こおちだに)の峡谷をつくり,周辺は室生赤目青山国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の俱留尊山の言及

【俱留尊山】より

…〈くるそやま〉ともいう。三重県一志郡美杉村と奈良県宇陀郡室生村の境にある山。第三紀の室生火山群の主峰で,標高1038m。室生火山岩は流紋岩質の溶結凝灰岩を主とし,厚さ400m以上,東西28km,南北15kmにひろがる。山頂からの眺望がよく,山頂付近の東斜面の急崖には俱留尊石仏がある。中腹の池の平と呼ぶくぼ地は,第2次大戦後の開拓地で畑地となり,キャンプ場もある。山の西側を流れる青蓮寺川は溶結凝灰岩を深く浸食し,柱状節理の露頭が見事な香落渓(こおちだに)の峡谷をつくり,周辺は室生赤目青山国定公園に指定されている。…

※「俱留尊山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俱留尊山の関連キーワード大河内裾山そそやうそや・ぐそそや・くあやま美杉リゾート高橋知周前川祐三

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone