コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱留尊山 くろそやま

世界大百科事典 第2版の解説

くろそやま【俱留尊山】

〈くるそやま〉ともいう。三重県一志郡美杉村と奈良県宇陀郡室生村の境にある山。第三紀の室生火山群の主峰で,標高1038m。室生火山岩は流紋岩質の溶結凝灰岩を主とし,厚さ400m以上,東西28km,南北15kmにひろがる。山頂からの眺望がよく,山頂付近の東斜面の急崖には俱留尊石仏がある。中腹の池の平と呼ぶくぼ地は,第2次大戦後の開拓地で畑地となり,キャンプ場もある。山の西側を流れる青蓮寺川は溶結凝灰岩を深く浸食し,柱状節理露頭が見事な香落渓(こおちだに)の峡谷をつくり,周辺は室生赤目青山国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の俱留尊山の言及

【俱留尊山】より

…〈くるそやま〉ともいう。三重県一志郡美杉村と奈良県宇陀郡室生村の境にある山。第三紀の室生火山群の主峰で,標高1038m。室生火山岩は流紋岩質の溶結凝灰岩を主とし,厚さ400m以上,東西28km,南北15kmにひろがる。山頂からの眺望がよく,山頂付近の東斜面の急崖には俱留尊石仏がある。中腹の池の平と呼ぶくぼ地は,第2次大戦後の開拓地で畑地となり,キャンプ場もある。山の西側を流れる青蓮寺川は溶結凝灰岩を深く浸食し,柱状節理の露頭が見事な香落渓(こおちだに)の峡谷をつくり,周辺は室生赤目青山国定公園に指定されている。…

※「俱留尊山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android