コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香落渓 こおちだに

5件 の用語解説(香落渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香落渓
こおちだに

三重県名張市南部から奈良県曽爾村にかけての名張川支流青蓮寺 (しょうれんじ) 川上流にある渓谷。名張市の香落橋から曽爾村の伊賀見まで約 12kmにわたる。両岸に斧で切落したような柱状節理の断崖が続き,屏風岩,天狗柱などの奇岩がそびえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かおち‐だに【香落渓】

《「こおちだに」とも》三重県中西部、名張市にある渓谷。名張川支流の青蓮寺(しょうれんじ)川上流の両岸約8キロメートルにわたって安山岩柱状節理の断崖・奇岩が続く景勝地。「関西の耶馬渓(やばけい)」とも呼ばれる室生(むろう)赤目青山国定公園に属する。香落峡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

香落渓【こおちだに】

三重県名張市と奈良県宇陀郡曾爾(そに)村を流れる青蓮寺川にある渓谷。〈かおちけい〉とも。江戸時代には河内渓・河内川とも記された。柱状節理を呈する安山岩の絶壁がそそりたち,滝や淵が多い。
→関連項目名張[市]三重[県]室生赤目青山国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こおちだに【香落渓】

三重県名張市の南部から奈良県曾爾(そに)村にかけての,名張川支流青蓮寺(しようれんじ)川の渓谷。室生火山群による岩石を浸食してできたもので,延長約12km。屛風岩,小太郎岩など両岸にせまる壮大な岩壁に柱状節理が見られる。若葉,清流,紅葉を探勝する人が多い。近鉄名張駅からのバス道路は青蓮寺ダム湖を経て渓谷(口香落)をぬけ,高原状にひらけた奥香落から曾爾村に入る。途中,落合からは赤目四十八滝へのハイキングコースがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香落渓
こおちだに

三重県中西部の名張(なばり)市と奈良県曽爾(そに)村にまたがる渓谷。名張川の支流青蓮寺(しょうれんじ)川が室生(むろう)火山群の安山岩地帯を刻んだ渓谷で、青蓮寺ダムから上流約12キロメートルの間、柱状節理が100メートルもの絶壁をなし、関西の耶馬渓(やばけい)といわれる。新緑、紅葉が美しいハイキングコースで、青蓮寺湖畔にはホテルや民宿村、温泉などがある。室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園の一部。近畿日本鉄道名張駅から香落橋までバスの便がある。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香落渓の関連キーワード三重県名張市井手三重県名張市大屋戸三重県名張市黒田三重県名張市桜ケ丘三重県名張市新田三重県名張市中町三重県名張市夏見三重県名張市平尾三重県名張市本町三重県名張市丸之内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香落渓の関連情報