倉橋 惣三(読み)クラハシ ソウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

倉橋 惣三
クラハシ ソウゾウ

大正・昭和期の教育家,幼児教育指導者 お茶の水女子大学名誉教授。



生年
明治15(1882)年12月28日

没年
昭和30(1955)年4月21日

出生地
静岡県

学歴〔年〕
東京帝国大学文科大学哲学科〔明治39年〕卒,東京帝国大学大学院児童心理学専攻

経歴
明治43年東京女子高等師範学校講師となり、「婦人と子供」(のち「幼児の教育」)の編集を主宰。大正6年同校教授となった。同校付属幼稚園主事を3回務め、明治以来の形式化したフレーベル主義を改革。また「コドモノクニ」「キンダーブック」を監修した。昭和24年女高師を退官。戦後は教育刷新委員会委員、保育学会創設など、幼児教育の発展に尽くした。著作「倉橋惣三選集」(全4巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

倉橋 惣三 (くらはし そうぞう)

生年月日:1882年12月28日
大正時代;昭和時代の教育家;幼児教育指導者。お茶の水女子大学教授;教育刷新委員会委員
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉橋 惣三の関連情報