コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個別元本方式 こべつがんぽんほうしき

投資信託の用語集の解説

個別元本方式


追加型投資信託の収益分配金や解約(償還)時の収益に対する課税計算を個々の受益者の取得価格(個別元本)を基に算出する方式のこと。この制度が導入される前には個別の投資家の取得元本ではなく、全ての受益者の平均取得価額を基に課税計算が行われていた。追加型株式投資信託の方式と追加型公社債投資信託の場合でそれぞれ計算方法が異なる。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android