コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個眼 コガン

デジタル大辞泉の解説

こ‐がん【個眼】

節足動物の複を構成する個々の目。断面が六角形または五角形の棒状で、密に並び、トンボでは1万~2万8000個ある。一つの個眼には対象の一部分の像ができ、複眼全体でまとまった像となる。小眼。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こがん【個眼】

節足動物や多毛類などの複眼を形成する一つ一つの眼。物体の一部分の像を結ぶ。断面は普通六角形で、角膜・水晶体・視細胞などからなる。動物によって六個から二万個以上が集まって複眼を形成する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個眼
こがん

複眼」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の個眼の言及

【オモクロム】より

…L‐トリプトファンからキヌレニン,3‐ヒドロキシキヌレニンを経て生成する昆虫の眼色素キサントマチンxanthommatineに代表されるトリプトファン由来の色素化合物の総称。この名称は,最も顕著にこの物質が存在している個眼ommatidiumにちなんでいる。個眼は節足動物の複眼にある個々の小眼で,オモクロムはその角膜の後面にある光受容の単位に含まれている。…

【複眼】より

…節足動物の昆虫類と甲殻類などにある1対の側眼は,多数の個眼ommatidiumが集まってできた眼で,複眼と呼ばれる。それぞれの個眼は1個のレンズをもち,その下に少数(8~9個)の視細胞があり,隣接する個眼との間には色素細胞がある。…

※「個眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

個眼の関連キーワードツムギヤスデ(績馬陸)昆虫/主要用語解説マルカイガラムシリンゴワタムシオオグソクムシネジレバネ類アオズムカデサスライアリコウモリバエトビムシ類オモクロムアザミウマアブラムシオオムカデタルマワシトビムシ節足動物偏光受容目(め)多毛類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android