視細胞(読み)しさいぼう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視細胞
しさいぼう

動物が外界からの光を受容する細胞のうち、とくに視覚として最初に光信号を受容するために分化した光受容細胞をいう。視細胞にはミミズなどのように分散光感覚器官として体表に散在するのもあるが、多くは数十個ないし多数が集合して網膜を形成し、目の構成にあずかる。網膜を形成する視細胞は脊椎(せきつい)動物の場合は薄明視の働きをする桿状体(かんじょうたい)(桿体)と昼間視の働きをする錐状体(すいじょうたい)(錐体)とがあり、また無脊椎動物では節足動物(昆虫や甲殻類)の複眼にみられるような、光の入射方向に直角な平面内で複数方向に規則的な配列をした感桿型といわれるものもある。視細胞の形態は錐状体も桿状体も、光を受容する側から外節、内節、核、シナプスからなっていて、外節には視物質といわれる感光色素が存在している。視物質としてよく知られているのはロドプシンで、光化学反応に基づいて視細胞膜に興奮をもたらす。この興奮は生物電気によるもので、シナプスを介して光情報として神経細胞に伝達される。このように視細胞はエネルギー変換を行う場所である。

[青木 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視細胞
しさいぼう
visual cell

動物の感光細胞で,視覚機能のために分化した光受容器細胞をいう。数個あるいは多数が集合して網膜を形成し,の構成要素となるものは,網膜細胞とも呼ばれる。視細胞はすべて1次感覚細胞で,感光色素の光化学的反応によって興奮を生じ,これを視神経 (求心性神経線維) に送る。節足動物複眼感杆や,脊椎動物の眼の杆状体錐状体は視細胞の分化構造の一種である。しかし,ミミズの散漫光感覚器官のように,体表に散在し,細胞内空胞の形態をとるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐さいぼう ‥サイバウ【視細胞】

〘名〙 動物の感覚細胞の一つ。光の刺激を受けて視覚を起こす。下等動物では単独で散在する場合と、集まって視覚器をなす場合とがある。脊椎動物では集合して網膜をつくり、棒細胞(桿体)と円錐細胞(錐体)とに分化している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐さいぼう〔‐サイバウ〕【視細胞】

光を受容することにより感覚を生じる細胞。下等動物では、散在するものと、集まって視覚器となるものとがある。高等動物では多数が集まって網膜をつくる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の視細胞の言及

【視覚】より

…また,脊椎動物の霊長類や鳥類,魚類などや,昆虫類には色覚が発達した動物がある。 動物の視細胞visual cellは光で刺激される部分が特別な構造をしている。脊椎動物の視細胞の光刺激を受容する部分は外節と呼ばれ,膜が重なり合った構造になっていて,この膜に感光色素が配列している。…

【目∥眼】より

…複眼は個眼が集まってできたもので,個眼の数は少ないもので100~300個,多いものでは3万個弱にもなる。 脊椎動物の目の網膜では,光の進行方向に対して,目のいちばん奥にある視細胞が最初に興奮し,興奮は網膜の表面に向かって,光の進行方向と逆向きに網膜内を伝わる。このような網膜を倒立網膜という。…

※「視細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android