コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

値域(読み)ちいき(英語表記)range

翻訳|range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

値域
ちいき
range

関数のとる範囲。現在では関数というと,集合 Xから Yへの写像として定義して,値の集合 f (X) ={f(x) | xX}は,fの像というほうが普通である。しかし,場合によっては,定義域と合せて,値域という語を用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐いき〔‐ヰキ〕【値域】

関数yfx)で、xがとる定義域内のすべての値に対応して、yがとる値の範囲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちいき【値域】

ある関数で、変数のとりうるすべての値に対して、関数のとりうるすべての値の集合。 ⇔ 定義域

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の値域の言及

【関数】より

…前に述べた(イ)~(ニ)の例は,いずれもX,Yが実数の集合の場合であるが,x,yが必ずしも数ではなくても,xを変数と呼び,yxの関数であるということが多い。 関数fXYにおいて,集合Xを関数fの定義域といい,Xの各要素に対応するYの要素全体が作る集合を,関数fの値域という。(イ)~(ニ)の例では,関数f,gの定義域は実数全体であるが,hの定義域は正の数全体である。…

※「値域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android