コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倫理条例 りんりじょうれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倫理条例
りんりじょうれい

自治体の倫理確立を求めようとする条例首長議員などの汚職発生の反省から生れたもので,1983年に大阪府堺市が初めて条例を制定した。この条例は,収賄罪確定の議員や首長などに対し懲罰を科すことができ,また資産報告書を定期的に提出させ,その報告書を議員や住民で構成する倫理審査会で監査し公表することなどを内容としている。これはアメリカの政府倫理法にヒントを得たものである。自治体代表者綱紀粛正をはかると同時に,政治・行政運営の公正,浄化をはかる機能が期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

倫理条例の関連キーワード議員提案による政策条例村中 百合子政策検討会議資産公開法村中百合子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倫理条例の関連情報