綱紀粛正(読み)こうきしゅくせい

四字熟語を知る辞典「綱紀粛正」の解説

綱紀粛正

国家の規律を整え、政治不正を戒め正すこと。また、一般に規律を正すことをいう。

[使用例] 綱紀とか何だとか理想的な看板をかかげている彼らから[北村寿夫街頭の風|1930]

[解説] 「綱紀」は大綱小綱のことで、国家を治めるに当たっての規律。「粛正」は厳密に正すこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「綱紀粛正」の解説

こうき‐しゅくせい カウキ‥【綱紀粛正】

〘名〙 国家の規律を整え、施政の不正を戒め正すこと。
※街頭の風(1930)〈北村寿夫〉決心「綱紀粛清(カウキシュクセイ)とか何だとか理想的な看板をかかげてゐる彼等から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android