倭手彦(読み)やまとの てひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭手彦 やまとの-てひこ

?-? 6世紀中ごろの豪族。
倭国造(くにのみやつこ)。欽明(きんめい)天皇23年(562)任那(みまな)を併合した新羅(しらぎ)(朝鮮)を討つため,河辺瓊缶(にへ)の部下として渡海。新羅軍の計略にはまり敗れたが,駿馬(しゅんめ)にのっていたので危機をのがれることができた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android