コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭漢比羅夫 やまとのあやの ひらぶ

1件 の用語解説(倭漢比羅夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭漢比羅夫 やまとのあやの-ひらぶ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年(645)尾張(おわり)(愛知県)に派遣され,神への供えものを課した。3年用水路の掘削をまちがえる。白雉(はくち)元年,難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)の造営責任者として宮域の境界標識をたてた。荒田井(あらたいの)比羅夫,倭漢荒田井比羅夫とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone