コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭漢比羅夫 やまとのあやの ひらぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭漢比羅夫 やまとのあやの-ひらぶ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年(645)尾張(おわり)(愛知県)に派遣され,神への供えものを課した。3年用水路の掘削をまちがえる。白雉(はくち)元年,難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)の造営責任者として宮域の境界標識をたてた。荒田井(あらたいの)比羅夫,倭漢荒田井比羅夫とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倭漢比羅夫の関連キーワードあすか大化官吏

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android