持節(読み)じせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐せつ ヂ‥【持節】

〘名〙 (「節」は君主の命を受けた使者が授けられるしるし) 節とくに節刀を持つこと。また、その人。あるいは、その任務
※詩序集(1133頃)雪中動遠情詩序〈惟宗孝言〉「塞垣持節之人、思漢宮以腸断」 〔史記‐絳侯周勃世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の持節の言及

【将軍】より

…《続日本紀》によって奈良時代の実例を見ると,大将軍,将軍,副将軍には征討に直接関係のない場合も少なくない。また征夷将軍,征東将軍,征夷大将軍,征東大将軍,征狄(せいてき)将軍,征越後蝦夷将軍,陸奥鎮東将軍,陸奥鎮守将軍,鎮狄将軍,征西将軍,征隼人持節大将軍,鎮西将軍など,各種の将軍の任命されたことも知られる。さらに,将軍号こそないが,征夷大使,征東使,征東大使なども事実上の将軍,大将軍であった。…

※「持節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android