倭王讃(読み)わおう さん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭王讃 わおう-さん

?-? 5世紀前半,倭の五王の最初の王。
倭王珍(ちん)の兄。「(そう)書」倭国伝によると,宋の永初2年(421),元嘉2年(425,使者司馬曹達)の2度中国南朝の宋に遣使。その死後,弟珍がたったとある。応神天皇,仁徳(にんとく)天皇,履中天皇に比定する諸説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倭王讃

生年:生没年不詳
倭の五王のひとり。中国の歴史書『梁書』諸夷伝には晋の安帝のときに賛ありとみえ,『宋書』倭国伝によれば永初2(421)年に宋へ朝貢,また元嘉28(451)年にも司馬曹達を派遣したとするが,その後,死んだという。史料のうえで「王」とはみえない。『日本書紀』にみえる応神,仁徳,履中の各天皇に比定する見解があるが,そのいずれか確定はしていない。

(関和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android