側面観(読み)ソクメンカン

大辞林 第三版の解説

そくめんかん【側面観】

ある面から見て得た考え。一つの見方。 「欲気のないのが取柄とは、外ほかからの-で/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そくめん‐かん ‥クヮン【側面観】

〘名〙 側面からの観察。第三者の立場からの観察。また、それによって得た観念。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二三「但し慾気のないのが取柄とは、外(ほか)からの側面観(ソクメンクヮン)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android