コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽平衡組織 ぎへいこうそしきfalse equilibrium structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽平衡組織
ぎへいこうそしき
false equilibrium structure

擬平衡組織または非平衡組織ともいう。高温または高圧の状態から,材料を急激に冷却または減圧すると,高温高圧下における組織がそのまま常温常圧まで持越され,見かけ上安定に存在する場合がある (→共析 , 同素変態 ) 。しかし,この組織は本来不安定なはずであるため,偽平衡組織という。典型的な例がダイヤモンドで,これは地質時代に炭素が高温高圧の地殻内に閉じ込められた結果生じた偽平衡組織であり,常温常圧下での炭素結晶,いわゆる黒鉛とはまったく結晶構造が異なる。鋼の焼入れにおいて現れる組織マルテンサイトもその例である。合金の熱処理はすべて,その偽平衡組織をなんらかの意味で利用することを目的とした,人為的作業である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android