コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽扉 ぎひfalse door

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽扉
ぎひ
false door

古代エジプトの墓につけられた見せかけの扉。石製または木製で表面が家屋の正面あるいは入口に似せてあり,壁龕のようにマスタバの壁面にはめこまれている。死者はこの扉を通じて供物を受取り,生者に会うことができると考えられた。一般に縦に長い長方形で,中央に入口を想定し,その左右に死者の像や名前,生前の職名,供物のリストなどが浮彫され,彩色されたものもある。第3王朝 (前 2686頃~13頃) から現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

偽扉の関連キーワードカー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android