コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽火口 ぎかこうpseudocrater

岩石学辞典の解説

偽火口

水の滲み込んだ土地の上に玄武岩熔岩が噴出した結果,水蒸気爆発で形成されたテフラの火山丘.この現象は最初にアイスランド噴火口で注目され,液状の熔岩が地上水か表面水と接触して形成された.これらの研究と命名はソラリンソンによって行なわれた[Thorarinsson : 1953].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone