コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽火口 ぎかこうpseudocrater

岩石学辞典の解説

偽火口

水の滲み込んだ土地の上に玄武岩熔岩が噴出した結果,水蒸気爆発で形成されたテフラの火山丘.この現象は最初にアイスランドの噴火口で注目され,液状の熔岩が地上水か表面水と接触して形成された.これらの研究と命名はソラリンソンによって行なわれた[Thorarinsson : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

偽火口の関連キーワードミーバトン湖

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android