偽火口(読み)ぎかこう(英語表記)pseudocrater

岩石学辞典の解説

偽火口

水の滲み込んだ土地の上に玄武岩熔岩が噴出した結果,水蒸気爆発で形成されたテフラの火山丘.この現象は最初にアイスランドの噴火口で注目され,液状の熔岩が地上水か表面水と接触して形成された.これらの研究と命名はソラリンソンによって行なわれた[Thorarinsson : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android