コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債務救済無償資金協力 さいむきゅうさいむしょうしきんきょうりょく grant aid for debt relief

1件 の用語解説(債務救済無償資金協力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務救済無償資金協力
さいむきゅうさいむしょうしきんきょうりょく
grant aid for debt relief

すでに供与した借款による債務元利全体または一部を返済すれば,返済に見合う同額を贈与するという資金協力。とくに経済困難の著しい後発発展途上国 LLDCに対して行われている。日本は 1978年度から実施しており,77年度以前に円借款取決めを行なった LLDC11ヵ国および MSAC (石油危機で最も深刻な影響を受けた発展途上国) 7ヵ国を対象とし,前者には返済元利合計を,後者にはそのうちの金利の調整額を対象にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債務救済無償資金協力の関連キーワード取立債務弁済ブレイディ提案可分債務作為債務信用供与送付債務金銭債務デット・サービス・レシオ日本とパキスタン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone