円借款(読み)えんしゃっかん(英語表記)yen loan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円借款
えんしゃっかん
yen loan

発展途上国の経済開発と福祉の増進,あるいは国際収支の改善を支援するため,政府間の協定に基づいて海外経済協力基金 (現国際協力銀行) や日本輸出入銀行 (現国際協力銀行) が供与する円建ての国家的信用供与をいう。直接借款ともいう。政府開発援助 ODAのうち,国際機関などへの間接援助を除いた,相手国に対して直接行う融資であり,ごく一部を除き海外経済協力基金により実施される。円借款は,その使途により次のような種類に分けられる。 (1) プロジェクト・ローン 特定のプロジェクトに対する借款。援助枠を供与することにより複数のプロジェクトを対象とする借款。 (2) セクター・ローン バンク・ローンのように,あるセクターの複数プロジェクトに対して供与する借款。 (3) プログラム・ローン 国際収支上の困難を打開し,経済の安定を支援するために供与される借款で,商品援助がこれに含まれる。円借款は日本の ODAにおいて重要な地位を占めるばかりでなく,国際的にみてその資金規模はきわめて大きなものであり,金利が低く,条件や制限をつけないアンタイド率も高くなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

円借款

政府の途上国援助(ODA)の一形態で、国際協力機構を通じて低利で長期の開発資金を途上国に貸し付ける有償資金協力。かつてはひもつき援助が主流で、日本企業の利益優先が批判された。ODAには円借款のほか、保健や教育など向けの無償資金協力や、日本の高い技術を伝える技術協力などがある。

(2011-10-28 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

円借款【えんしゃっかん】

開発途上国に対し,返済期間が長期で低金利の円資金を供与する日本政府の融資制度。開発途上国の産業開発や国際収支の改善などの経済安定化のための援助を目的としている。2国間政府の合意に基づき,交換公文を締結して行う。日本のODA(政府開発援助)の中心をなす有償資金協力の大半を占める。通常,借款の実施機関は海外経済協力基金輸出入銀行など。1958年から開始され,1998年度の供与額は1兆1116億円(承諾額)。地域的にはアジア諸国が全体の8割を占め,量的には1990年代前半ですでに世界一となっている。返済義務を伴う有償援助が大部分なため,円高局面では,相手国に円借款の返済負担を増加させる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えんしゃっかん【円借款】

外国との合意に基づいて、日本政府が行う円資金による信用供与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐しゃっかん ヱンシャククヮン【円借款】

〘名〙 外国に円資金を貸し付けること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の円借款の言及

【借款】より

…しかし交換可能通貨以外の通貨によって借款が行われる場合がある。その典型的な例は円借款である。これは,日本の輸出業者が援助対象物資を途上国に対し輸出し,その代金を海外経済協力基金から円で受領し,それと同時に海外経済協力基金は被援助国政府に対する借款の債権を取るという仕組みになっている。…

※「円借款」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

円借款の関連情報