コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傷寒雑病論 しょうかんざつびょうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傷寒雑病論
しょうかんざつびょうろん

3世紀初めに中国,後漢の医師張仲景によって著わされた医学書。現存の『傷寒論』および『金匱要略』の原形と考えられている。傷寒雑病論の名は現存の傷寒論の張仲景自序中に「素問9巻……を撰用して傷寒雑病論 16巻をつくる」とある個所にみられる。江戸時代の医師多紀元簡によると,『傷寒雑病論』は傷寒論 10巻と雑病論6巻から成っており,後者は現存の『金匱要略』にあたるというが,これには異論もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

傷寒雑病論の関連キーワード漢方医学医学史

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android