コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金匱要略 きんきようりゃくChin-kuei-yao-lüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金匱要略
きんきようりゃく
Chin-kuei-yao-lüeh

中国の古医書の一つ。後漢末の張仲景著書といわれる。現存するテキストは宋代に林億らにより校訂されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金匱要略
きんきようりゃく

中国の古典医学書。正式には『金匱要略方論(ほうろん)』。全3巻。張仲景(ちょうちゅうけい)の撰(せん)とされている。通説として、張仲景の『傷寒雑病論』16巻のうち、『傷寒論』10巻を除いた『雑病論』6巻が『金匱要略』であるといわれている。北宋(ほくそう)の仁宗(じんそう)(在位1022~63)の時代に、王洙(おうしゅ)が図書館で『金匱玉函(ぎょくかん)要略方』3巻を発見、上巻は傷寒を弁じ、中巻は雑病を論じ、下巻は処方と婦人の治療が記録してあったが、不備なものであったので、林億(りんおく)らが勅命によって付加・削除して『金匱方論』3巻を編したという。そしてこの書から雑病だけをとり、これに諸家の経方書からとったものを加えたのが今日の『金匱要略』3巻であるとされている。[山本徳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金匱要略の関連キーワード桂枝加竜骨牡蠣湯苓甘姜味辛夏仁湯小半夏加茯苓湯大黄牡丹皮湯黄耆建中湯苓姜朮甘湯宇津木昆台八味地黄丸三黄瀉心湯当帰建中湯半夏厚朴湯麻杏薏甘湯大黄甘草湯防已黄耆湯越婢加朮湯傷寒雑病論桂枝茯苓丸当帰芍薬散三物黄芩湯甘麦大棗湯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android