金匱要略(読み)きんきようりゃく(英語表記)Chin-kuei-yao-lüeh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金匱要略
きんきようりゃく

中国の古典医学書。正式には『金匱要略方論(ほうろん)』。全3巻。張仲景(ちょうちゅうけい)の撰(せん)とされている。通説として、張仲景の『傷寒雑病論』16巻のうち、『傷寒論』10巻を除いた『雑病論』6巻が『金匱要略』であるといわれている。北宋(ほくそう)の仁宗(じんそう)(在位1022~63)の時代に、王洙(おうしゅ)が図書館で『金匱玉函(ぎょくかん)要略方』3巻を発見、上巻は傷寒を弁じ、中巻は雑病を論じ、下巻は処方と婦人の治療が記録してあったが、不備なものであったので、林億(りんおく)らが勅命によって付加・削除して『金匱方論』3巻を編したという。そしてこの書から雑病だけをとり、これに諸家の経方書からとったものを加えたのが今日の『金匱要略』3巻であるとされている。[山本徳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android