コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀元簡 たきげんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多紀元簡
たきげんかん

[生]宝暦5(1755)
[没]文化7(1810)
江戸時代後期の医師。字は廉夫,桂山または櫟窓と号した。寛政2 (1790) 年に奥医師となり,法眼に叙せられた。同6年お匙見習,11年には家を継いでお匙となった。『素問識』ほか多数の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀元簡 たき-もとやす

1755-1810 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦5年生まれ。多紀元徳(もとのり)の長男。父に医を,井上金峨漢学をまなび,幕府の奥医師,徳川家斉(いえなり)の侍医となる。医書の収集,校訂,復刻につとめ,考証派学風を確立した。文化7年12月2日死去。56歳。幼名は金松。字(あざな)は廉夫。通称は安清,安長。号は桂山,櫟窓。著作に「傷寒論輯義」「素問識」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多紀元簡
たきげんかん
(1755―1810)

江戸時代の漢方医。「もとやす」とも読み、多紀元悳(げんとく)の長男。字(あざな)は廉夫(れんぷ)、通称安長(あんちょう)、桂山(けいざん)また櫟窓(れきそう)と号し、その書斎を祖先の徳を述べ修むるの意をもって聿修堂(いっしゅうどう)と名づけた。博学にして36歳で老中松平定信(さだのぶ)に抜擢(ばってき)されて侍医法眼となり、1799年(寛政11)11代将軍徳川家斉(いえなり)の侍医御匙(おさじ)となった。1801年(享和1)医官の選考に関してその非を論じたため、上旨に逆らうの罪を得て奥医師を罷免され、100日の閉居を命ぜられた。しかし医学館督事として後進を指導し、考証学派の頂点にたち、名人安長の名を得た。文化(ぶんか)7年12月2日没。著書に『素問識(そもんしき)』『霊枢識』『傷寒論輯義(しょうかんろんしゅうぎ)』『金匱玉函(きんきぎょくかん)要略輯義』『脈学輯要』『医(いしょう)』『観聚方要補(かんしゅうほうようほ)』『救急選方』『櫟窓類抄』『麻疹(ましん)心得』など。『医略抄』の校刊もある。[矢数道明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多紀元簡の言及

【本草和名】より

…平安後期の《医心方》第1巻の諸薬和名は本書の引用である。刊本としては,多紀元簡(たきもとやす)が江戸幕府紅葉山文庫に古写本を発見し,諸書を参照して校訂を加え刊行した1796年(寛政8)刻本(1802(享保2)市販)の上下2冊本があり,それに訂正を加えた一本を底本とした《続群書類従》本があるが,それぞれ若干の相違があって,原形を決める復元定本はまだ刊行をみない。【宗田 一】。…

※「多紀元簡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多紀元簡の関連キーワード傷寒雑病論平野元良笠原恭雲渡辺奎輔多紀元胤本草和名辻元崧庵矢数道明多紀桂山多紀元堅足立長雋太田錦城医学館医略抄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android