傾慕(読み)ケイボ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ぼ【傾慕】

[名](スル)深く心を寄せてしたうこと。
「人を服せしかば、―する者甚だ多くなりて」〈箕作阮甫訳・玉石志林〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいぼ【傾慕】

( 名 ) スル
いちずにしたうこと。思慕の情を寄せること。 「敵も味方も共に-する所/滝口入道 樗牛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ぼ【傾慕】

〘名〙 心を傾けてしたうこと。心からしたうこと。
※玉石志林(1861‐64)四「人目を驚し、人心を服せしかば傾慕する者甚だ多くなりて」 〔漢書注‐司馬相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android