優遊・優游(読み)ゆうゆう

大辞林 第三版の解説

ゆうゆう【優遊・優游】

( トタル ) スル [文] 形動タリ 
ひまがあってのんびりしている・こと(さま)。 「貴客の至て-せらるるに最も適したるの一楼あり/世路日記 香水」 「 -として日を送る/三酔人経綸問答 兆民

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐ゆう イウイウ【優遊・優游】

〘名〙 (形動タリ)
① ゆったりとして心のままに楽しむこと。また、のどかでこせつかないこと。また、そのさま。遊優。
※続日本紀‐養老五年(721)正月甲戌「冝於百僚之内、優遊学業、堪師範、特加賞賜、勧励後生
※撰集抄(1250頃)八「花にえてし紅葉に優遊する事、隠逸の如くに侍り」 〔詩経‐大雅・巻阿〕
② 優柔不断で過ごすこと。また、そのさま。〔漢書‐児寛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android