時日(読み)じじつ

精選版 日本国語大辞典「時日」の解説

じ‐じつ【時日】

〘名〙
① ひにちと時間。何日かの期間。日数。ひま。
※本朝麗藻(1010か)上・夏夜池亭即事〈藤原伊周〉「逸楽君家時日事、風流常得蓬瀛
※日葡辞書(1603‐04)「Iijituo(ジジツヲ) ウツサズ コレヲ セヨ」 〔礼記‐表記〕
② 日と時刻。いつという期日。日どり。日時(にちじ)
※延喜式(927)五〇「及綱典并初給逓処。先定差車馬人夫数。并発処時日
※それから(1909)〈夏目漱石〉一五「自分が責任を以て都合の好い時日(ジジツ)を知らせるから」

とき‐ひ【時日】

〘名〙 ひにちと時間。何日かの期間。じじつ。また、日時(にちじ)。日取。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「時日(トキヒ)(〈別訓〉よきときのよきひ)を卜定(うらへ)て、降(あまくだ)りす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時日」の解説

じ‐じつ【時日】

日数。また、月日つきひ。「時日を費やす」「短時日
ひにちと時間。また、いつという期日。「出発の時日は未定」
[類語](1時間ときひま一時ひとときあいだ合間距離かん間隔隔たり間合いインターバル/(2日付日時デート日にち日取り期日年月日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「時日」の解説

【時日】じじつ

時と日。その吉凶。〔礼記、曲礼上〕卜筮は、先王の、民をして時日を信にし、鬼し、法令を畏れしむる以(ゆゑん)なり。

字通「時」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android