儺火(読み)なび

精選版 日本国語大辞典「儺火」の解説

な‐び【儺火】

〘名〙 平安時代正月の一五日に正月の飾り物などを焼き、あわせて邪気を払った行事。のちの左義長(さぎちょう)はこのなごりといわれる。
蜻蛉(974頃)下「十五日、なびあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android