儺豆(読み)ナマメ

大辞林 第三版の解説

なまめ【儺豆】

節分の夜、悪鬼を払い、新年の無事を祈ってまく煎り豆。追儺ついなの豆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

な‐まめ【儺豆】

〘名〙 節分の夜に、福を招き悪鬼を払うためにまく煎豆(いりまめ)。また、その行事。「鬼は外福は内」と言ってまく。元は大晦日にも行なったという。
※日本歳時記(1688)七「晦日〈又除日といふ〉〈略〉俗に随て今宵儺豆をうつべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android