コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本歳時記 にほんさいじき

1件 の用語解説(日本歳時記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんさいじき【日本歳時記】

歳時記。書名は《重鐫(じゆうせん)日本歳時記》また《榑桑(ふそう)歳時記》ともいう。貝原好古(かいばらこうこ)著,貝原損軒(益軒篤信)删補(さんほ)。1688年(貞享5)3月,京都日新堂刊。大本7巻7冊。半紙本4冊もある。凡例に〈三百六旬の間の故実雑事を,唐土の文に出たるをば我国の文字にやはらげ,又我国の事をば見もし聞けるにしたがひて書つゞけ侍りぬ〉と述べて,民間を対象に歳時の事宜を叙述した。四季12ヵ月に分かち,各月に公事,祭礼,農事,衣食等を年中行事風に配列し,異名,漢名,来由,故事を説き,図解や詩歌の作例をも掲げるなど啓蒙的な歳時記である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本歳時記の関連キーワード荊楚歳時記歳時記自由世界職業選択の自由自由船舶俳諧歳時記郵船貝原好古狩野友川祐乗坊琇珔

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone