コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元暦校本万葉集 げんりゃくこうほんまんようしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元暦校本万葉集
げんりゃくこうほんまんようしゅう

万葉集』の古写本。巻二十の奥書元暦1 (1184) 年に校合したことを記す。東京国立博物館のほか,個人に所蔵される。飛雲文様のある鳥の子料紙に書写され,粘葉装 (でっちょうそう) の冊子本。書風からは 12種の筆者が推定されるが,名は不明。書写年次が明白である『万葉集』の伝本として貴重な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

元暦校本万葉集の関連キーワード寂蓮

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android