元暦校本万葉集(読み)げんりゃくこうほんまんようしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元暦校本万葉集
げんりゃくこうほんまんようしゅう

万葉集』の古写本。巻二十の奥書元暦1 (1184) 年に校合したことを記す。東京国立博物館のほか,個人に所蔵される。飛雲文様のある鳥の子料紙に書写され,粘葉装 (でっちょうそう) の冊子本。書風からは 12種の筆者が推定されるが,名は不明。書写年次が明白である『万葉集』の伝本として貴重な資料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android