コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘葉装 でっちょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘葉装
でっちょうそう

冊子本の装丁法の一種。装丁しようとする紙を全部2つ折りとし,折り目の外側に幅狭くをつけ,この部分で順次張り重ねていく方法。冊子を開いたとき,折り目から全部開けるページと,糊しろのため完全には開けないページとが交互に出てくる。 (→胡蝶装 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でっちょう‐そう〔デツエフサウ〕【粘葉装】

《「でっちょう」は「でつよう」の連声(れんじょう)》和装本の綴(と)じ方の一。用紙を1枚ごとに二つ折りにし、各紙の折り目の外側1センチ程度に糊(のり)を付けて貼(は)り重ね、表紙を付けたもの。胡蝶(こちょう)装。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

粘葉装【でっちょうそう】

胡蝶装(こちょうそう)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でっちょうそう【粘葉装】

書物装丁の一つ。用紙を一枚ごとに二つ折して,折り目(外側)に沿って5mm幅ほど,のり付けして重ねて貼り合わせ,表紙をつけて冊子としたもの。のりを用いて各をとじつけるので〈葉〉といい,それ以前の折本(おりほん)や旋風葉に代わって盛んとなった。表紙には,背の部分を紙や布(絹)で包み,前後別々に表紙を添えるものと,または一枚の表紙で前後を包み,背の部分をのり付けにした,包み表紙がある。のり付けされた丁を見開くと,チョウが羽根を広げた形になるので,中国では蝴蝶装と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘葉装
でっちょうそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

粘葉装

「でっちょうそう」と読む.和漢書の装丁法の一種で,印刷または筆写された紙を,字面を内側にして二つ折りし,各紙の折目の外側の背に近い部分に糊を付けて相互に密着させていき,それに表紙を加えたもの.表紙は前後を続けて1枚で包んだもの,また,背のみ別紙や絹で包み,前後各別に表紙を加えたものもある.糸も紐も用いずに糊だけで仕上げるのが特徴である.粘葉装では字面のある見開き2ページの次には,白紙の部分が見開き2ページ分くることになる.中国では宋代の代表的装丁法である.日本では平安時代から鎌倉時代写本や版本に見られるが,中国に比べて厚手の紙が使用されるので,紙の表裏ともに書写または印刷されることが多い.折りの背に近い部分で紙が相互に貼り合わされているため,本を開くとき蝶が羽を開いたような形になるので,この装丁法を中国では胡蝶装と呼ぶ.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の粘葉装の言及

【製本】より

…これは長い間に折り目が切れやすいので,紙葉を重ねて,折り目に糊入れし,表紙でくるむ方法が案出された。ひろげると蝶のはねのようなかっこうをしたので〈胡蝶(こちよう)装〉と呼ばれ,また糊ではりつけたので〈粘葉(でつちよう)装〉ともいわれた。この方法は唐代にもおこなわれ,宋代にはいり,印刷術が盛んになるにつれてその使用も増大していった。…

※「粘葉装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粘葉装の関連キーワード年・念・捻・然・燃・稔・粘西本願寺本三十六人集粘葉本和漢朗詠集元暦校本万葉集三十六人家集三十帖冊子寸松庵色紙鳥の子紙石山切叡山版古典籍冊子本大和綴列帖装冊子絵継色紙唐綴じ和本連声

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android